ニュース本文


海自護衛艦の中国領海航行報道、「答え控える」=林官房長官
 7月11日、林芳正官房長官(写真)は午前の会見で、海上自衛隊の護衛艦が中国領海を一時航行したと報じられていることについて、自衛隊は日本周辺の海空域で警戒監視などさまざまな活動を行っているとした上で、「自衛隊の運用に関する事柄のため、答えを差し控える」と述べた。写真は都内で昨年12月撮影(2024 ロイター/Issei Kato)
[東京 11日 ロイター] - 林芳正官房長官は11日午前の会見で、海上自衛隊の護衛艦が中国領海を一時航行したと報じられていることについて、自衛隊は日本周辺の海空域で警戒監視などさまざまな活動を行っているとした上で、「自衛隊の運用に関する事柄のため、答えを差し控える」と述べた。
報道によると、海自の護衛艦「すずつき」は今月4日、中国浙江省沖の中国領海を一時航行し、中国側から退去勧告を受けた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」, opens new tab