ニュース本文


米海軍佐世保基地バックゲート前の公道(市道)。日本人警備員はこの道を横断して米軍施設に移動した=長崎県佐世保市立神町で2019年5月16日午後0時40分、綿貫洋撮影(画像の一部を加工しています)

 在日米海軍佐世保基地(長崎県佐世保市)の日本人警備員が今月、米軍側の指示で拳銃を携行したまま基地外の公道(市道)を歩いて移動していたことが判明した。防衛省は日米地位協定に違反するとして再三にわたって米側に中止を求めたが、しばらくそのまま実施されていた。実弾入りかは確認できていないが、銃刀法違反(所持)の疑いもある。

 同省によると、今月1?9日、複数の警備員が基地から約60メートル離れた米軍施設に移動する際、バック…

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文812文字)



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る