ニュース本文


虐待を訴えた栗原心愛さんの自筆アンケートの写し。欄外には「なぐられる10回(こぶし)」などの書き込みも。当時の担任が聞き取った際に書き込んだ=野田市役所で

 千葉県野田市の小学4年、栗原心愛(みあ)さん(当時10歳)が親から虐待を受けて死亡した事件で、傷害ほう助罪に問われた母なぎさ被告(32)は16日、千葉地裁(小池健治裁判長)の初公判で「間違いありません」と起訴内容を認めた。検察側は「女児を守るべき母親としての責任を放棄して虐待に同調した悪質な犯行」と懲役2年を求刑。弁護側は執行猶予付き判決を求めて即日結審した。判決は6月26日に言い渡される。

 裁判では、母なぎさ被告(32)が、夫勇一郎被告(41)から女児への暴力を止めようとしたことがあるも…

この記事は有料記事です。

残り787文字(全文1035文字)



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る