ニュース本文


大川小遺族が新たに作成した、大川小での出来事を伝えるリーフレット=石巻市で2019年9月11日、百武信幸撮影

 東日本大震災で児童74人と教職員10人が犠牲になった旧石巻市立大川小で語り部をする児童の遺族たちが、足を運ぶ見学者に理解を深めてもらおうと、現地で配る冊子を大幅改訂した第2集と、内容を凝縮したリーフレットを作成した。児童遺族の佐藤敏郎さん(56)は「資料や語り部を通じ、震災のことを自分事として考える入り口にしてほしい」と願いを込める。

 震災から8年半となる11日も、雨の中、多くの人が被災校舎を訪れた。「大川伝承の会」によると、案内した団体は8月だけで70以上。案内を依頼せずに訪れる人も多く、2万?3万人は訪れているという。

この記事は有料記事です。

残り688文字(全文953文字)



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る