ニュース本文


県庁を訪れ、内堀雅雄知事(左)と会談に臨む小泉進次郎環境相=2019年9月12日午後4時1分、和田大典撮影

 内閣改造で新たに入閣した小泉進次郎環境相と田中和徳復興相が12日、福島県庁を訪れ、内堀雅雄知事と会談した。小泉環境相は、東京電力福島第1原発事故に伴う除染廃棄物を中間貯蔵施設から30年以内に県外に搬出するという法律で決まっている年限について、「約束を必ず守れるよう取り組む」と明言した。

 内堀知事は小泉環境相に「中間貯蔵施設について、『苦渋』と『信頼』という二つの言葉を共有したい」と切り出し、受け入れの条件だった30年以内の県外搬出の実現を改めて求めた。小泉環境相は「全力で取り組みます」と応じた。

 会談後の記者会見で小泉環境相は、東日本大震災後にたびたび福島県を訪れていることを強調。「就任のあい…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文641文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る