ニュース本文


佐々木則夫氏=福田智沙撮影

 日本サッカー協会は12日に開いた理事会で、日本女子サッカーリーグのプロ化に向けた「女子新リーグ設立準備室」の室長に、前女子日本代表監督で、同協会理事の佐々木則夫氏を選任した。2021年の発足に向けて、スポンサーや参加チーム、運営方法などを検討し、11月の理事会をめどに可能か否かを判断する。

 佐々木室長によると、6?8チームをベー…

この記事は有料記事です。

残り134文字(全文300文字)



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る