ニュース本文


気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影 拡大
気象庁=東京都港区虎ノ門3で、黒川晋史撮影

 気象庁は15日、台風14号や台風から変わる温帯低気圧の影響で、18日にかけて四国や九州北部などで局地的大雨になる恐れがあると発表した。土砂災害などへの警戒を呼びかけている。

 予報によると、長崎県五島市の南西に停滞していた台風14号は17日に温帯低気圧に変わる見込みだが、発達しながら九州北部に接近。暖かく湿った空気が流れ込む影響で大気の状態が不安定になり、16?17日は西日本、18日は北日本にかけて雷を伴う非常に激しい雨になる所があるという。

 17日午後6時までに予想される24時間雨量は多い所で、四国200?300ミリ▽九州北部100?200ミリ▽九州南部、近畿、東海100?150ミリ▽中国50?100ミリ。【山崎あずさ】



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る