ニュース本文


福岡県警本部 拡大
福岡県警本部

 福岡県内などで複数店舗を展開するペットショップ「オーパ」(福岡市)の従業員6人を自宅に呼び出し、日本刀のようなもので「殺すぞ」と脅したり顔面を殴ったりしたとして、糸島署は25日、同社を経営する糸島市二丈浜窪、本多道雄容疑者(64)を暴力行為法違反容疑などで逮捕した。同署によると「日本刀を見せたり脅迫したりはしていない。平手で頭や顔をたたいたが、殴ってはいない」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は2022年2月11日午前4時50分?6時40分ごろ、従業員の男女6人を自宅の屋外で正座させて日本刀のようなものを出し「殺す」「この中に裏切り者がいる」と脅迫したり、顔や肩に殴る蹴るの暴行を加えたりしたとしている。

 同署によると、本多容疑者は数年前から度々、自宅で食事の準備など家事や雑務を従業員に指示し、従業員の間では通称「糸島勤務」と呼ばれていたらしい。

 本多容疑者は19年5月?22年2月にも自宅で女性従業員2人に抱きついたりキスをしたりしたとして、同11月以降に強制わいせつ容疑で2回逮捕され、いずれも起訴された。【河慧琳】



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る