旧芸名「ほっしゃん。」のタレント、星田英利(48)が、「NHKから国民を守る党(N国)」代表の立花孝志参院議員(52)が「崎陽軒」の商品に対する不買運動を展開していることを受け、「まともな人に食べてもらいたい」との思いをつづった。

立花氏は、TOKYO MX「5時に夢中!」内でのマツコ・デラックスの発言に抗議し、13日にYouTubeにアップした動画で、同番組のスポンサーである崎陽軒などの企業の商品を「買いません」と宣言。ツイッターで「崎陽軒」「シウマイ」などのワードがトレンド入りするなど話題になった。

星田は14日、ツイッターを更新。立花氏の不買運動を受け、「良かったな?!やっぱり一生懸命に真心込めて作ったものは、気持ちの悪いやつじゃなくまともな人に食べてもらいたいものね」とツイートした。