日本代表MF久保建英(19)が所属するマジョルカはホームでセルタに5?1で大勝し、リーグ再開後の初勝利を手にした。久保は先発で後半38分までプレーし、アシストを含む4得点に絡む活躍を見せた。

13分にPKで先制し、続く27分。左サイドの久保からパスを受けたMFクチョ・エルナンデスが追加点を決めた。さらに40分にも、今度は右サイドから久保がマイナス気味にパスを送り、受けたDFポソが決めた。

後半開始すぐに1点を取り合うと、15分には久保がさらに得点を演出。MFサルバ・セビージャへのパスで5点目につなげた。

チームは再開後6戦目での勝利。直近の5試合で2得点だっただけに、爆発の1日となった。現在18位で、残留へ向けて17位セルタとの負けられない一戦を制した。