19年大会覇者の古江彩佳(21=富士通)が同スコアで並んだ勝みなみ(23=明治安田生命)をプレーオフの末に下し、昨年11月の大王製紙エリエール・レディース以来となる自身通算5勝目を挙げた。惜しくも敗れた勝の主な一問一答は以下の通り。

?プレーオフを終えて

勝 昨日とはまた状況が違ってすごく寒くて、最初の方は朝の7時くらいは雨が止んでいたのでもってくれるかなと思ったけど、そのあと降り始めて。プレーオフになった時は、それはそれで頑張ろうと思って臨みました。やっぱり(古江は)うまかったですね。17番で3メートルくらいにつけてバーディーをとられると諦めがつくというか。あの場面であそこにつけられるのはすごいなと思いました。

?プレーオフまではどう過ごしていた?

勝 キャディーさんとしゃべったり、精算したりとかですね。ウオーミングアップして体を温めてから向かいました。

?プレーオフで考えていたこと

勝 とりあえず自分は攻めのゴルフをして悔いのないゴルフをして終わろうと思っていたので、今も悔いはないですが、18番のセカンド(第2打)くらいですね。打った時に風が止んで奥にいってしまいましたが、あとは自分の中で精いっぱい頑張ったなと思うので。良かったなと思います。

?プレーオフのスタート前はうれしそうだった

勝 この状況をとにかく楽しむしかないなと思って。せっかくゴルフができるのに嫌々出て行っても、自分はゴルフを楽しくやることをモットーとしているので。それはこういう天気でもプレーオフでも崩したくないので、気持ちを上げて臨んでいました。

?プレーオフの18番について

勝 18番のティーショットがこの2日間は左のラフでしたが、今日は真っすぐいってくれたので、満足です。セカンドもピンに真っすぐ飛んでいってくれたので、今まで5月とか最初はそういうのが打てなかったので、自分の中では成長したし、楽しくできていたので、成長を感じられるゴルフでした。

最終ラウンドは強い雨によるコースコンディションの悪化で中止となり、大会は2日間36ホールの短縮競技となった。通算12アンダーで勝と古江が首位で並んでいたため16番、17番、18番の3ホールでのプレーオフを実施。雨の降りしきる中、16番パー5はともにパーとし、17番パー3では古江がピン左2・5メートルにつける絶妙なショットでバーディー。2連続パーとした勝からリードを奪った。続く18番ではパー以下が決まっていた勝の結果が出る前に古江がパーとし、勝負が決まった。