ニュース本文


【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長は23日の議会公聴会で、足元の長期金利の上昇について問われ「経済再開や経済成長への市場の期待の表れだ」と述べ、当面は静観する考えを強調した。インフレ懸念についても「物価上昇が長続きするとは予想していない」と述べ、長期の金融緩和方針を再強調した。

パウエル氏は23日、上院銀行委員会で半期ごとに開かれる公聴会に臨んだ。焦点は新型コロナウイ...



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る