ニュース本文


外国人の受け入れを巡り政府・与党は制度改定の議論に入る。政府は22日に有識者会議を設置した。課題になってきた技能実習や特定技能の制度はどうあるべきか。8月まで法相を務めた自民党の古川禎久司法制度調査会長に聞いた。

――制度改定にあたってどのような問題意識を持っていますか。

「あらゆる制度には時間の流れとともに状況が変化し実態との乖離(かいり)が出てくる部分がある。外国人の受け入れの法整備も同様だ...



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る