ニュース本文


 ファーウェイが格安のSIMフリースマホとして人気を集めた「P10 lite」の後継となる「P20 lite」を発表した。ノッチ(切り欠き)付きの縦長ワイドディスプレーやデュアルカメラ(ダブルカメラ、ダブルレンズカメラなどともいう)といった最新トレンドを取り入れながらも、3万円強の価格を実現している。2018年6月15日からau向けモデルと、SIMフリーモデルが販売される。SIMフリーモデルはワイモバイル、UQモバイルに加えて、多くのMVNO(仮想移動体通信網)が販売する。量販店などで単体でも購入できる。

「P20 lite」は全面ディスプレー搭載で3万円前後の価格を実現。au向けモデルとSIMフリーモデルは、ストレージ容量やau向け機能の対応など若干の違いがある
[画像のクリックで拡大表示]
背面には、ファーウェイが人気の火付け役となったデュアルカメラを搭載
[画像のクリックで拡大表示]
IIJmio、goo Simseller(OCNモバイルONE)、楽天モバイル、mineo、イオンモバイルその他多くのMVNO事業者が販売する。SIMの契約条件次第では、最初から2万円を切る価格で販売する事業者もある
[画像のクリックで拡大表示]

 前モデルP10 liteは、昨年からSIMフリースマホ市場でのヒットモデルとして今も売れ続けている製品だ。格安SIMとセットにした「格安スマホ」としても販売され、人気を集めた。後継となるP20 liteでは、3万円前後のスマホとしては頭一つ抜けた高い処理性能やカメラ性能、ハイエンドなみの質感といった特徴をしっかり受け継いでいる。

NEXT ▶ハイエンド並みの質感と、操作しやすいスリムボディー
<< Prev12345


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る