ニュース本文


 2018年冬の薄型テレビ商戦が始まった。2018年12月1日に「新4K8K衛星放送」が開始されたこともあり、例年以上に4Kテレビに熱視線が注がれている。

 毎年、各メーカーの新機種が出そろう薄型テレビを購入する際は、画面サイズと予算で候補の目星を付けてから機種を絞るのが基本。特に今年は東芝(東芝映像ソリューション)とシャープ、三菱の3社から新4K8K衛星放送に対応した4Kチューナー(新4K衛星放送チューナー)を搭載するモデルが登場しており、すぐに4K放送を見られるテレビが購入できる。一方で、4Kチューナーを内蔵しない機種もまだまだ多いため、先を見越してのテレビ選びが必要だ。

 4Kチューナー搭載が製品選びのポイントとなるこの冬、4Kテレビを買うならどれがベストチョイスか。選択のポイントと価格別のお薦め機種をピックアップして紹介していこう。

新4K衛星放送対応の4Kチューナー搭載が決め手になる2018年冬の4Kテレビ選び
[画像のクリックで拡大表示]
NEXT ▶今年冬の注目はズバリ20万前後クラス
<< Prev1234


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る