ニュース本文


 静岡県伊東市のリゾートホテル跡地を市が2015年に購入した際、当時現職だった佃弘巳・前市長(71)が、土地の所有者だった市内の土木建築業者に便宜を図った見返りに現金約1千万円を受け取った疑いがあるとして、警視庁が収賄容疑で捜査している。捜査関係者への取材でわかった。取引の仲介役や土木建築業者にも事情を聴き、全容解明を進める方針だ。

 捜査関係者によると、問題になっているのは「伊東マンダリン岡本ホテル」の跡地約4千平方メートルを巡る取引。市がこの土地を取得する際、佃前市長と仲介役の人物が土木建築業者から現金約1千万円を受け取った疑いがあるという。

 市によると、この土地は土木建築業者が同ホテルの廃業後の14年10月、競売で取得。市は15年6月の議会で、「生涯学習施設建設用地」としてこの土地を先行取得するとして、補正予算案を計上した。一部の市議からは「市の財政面から見て大変大きな事業計画。この場所の選定には時間をかけるべきだ」などと反発があったが、補正予算案は賛成多数で可決。翌7月、市は業者から2億500万円で購入した。

 しかし、生涯学習施設の建設は…



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る