ニュース本文


(悩みのるつぼ) 相談者

 50代女性です。私の夫は昨年、無灯火の車にはねられ、命を奪われました。私の人生は灰色になりました。あまりに苦しいので早く夫のそばに行きたいのですが、夫の愛したワンニャンがいるので、彼らをみとってからにするしかありません。

 夫をはねた女は被害者を救護することなく、警察に拘束されるまで車から一歩も外に出なかったにもかかわらず、刑事裁判では、仕事を辞めたことなどが情状酌量となり、執行猶予がつきました。人を殺しても裁判で反省していると言えば、普通の生活が送れるのです。私は人を心底、憎むことを覚えました。

 自分で言うのもおこがましいですが、私は思いやりのある性格です。しかし、周りに人がいないときには「クソ女、死ね!」と叫んだり、あの女の配偶者が夫と同じ目にあえばいいのにと願ったりします。この私が、人の死を願うようになるなんて、苦しくてなりません。

 本や映画、音楽で一時的に心が救われることもありますが、またすぐに苦しくなります。グリーフケアの会にも参加してみましたが、それぞれの方の悲しさ、苦しさが押し寄せてきて、かえって苦しくなります。

 人を憎み続けるのは多くのエネルギーが必要です。私が楽になるためには、やはり死ぬしかないのでしょうか。この圧倒的な虚無感、孤独感から逃れるすべはあるのでしょうか。

回答者 政治学者・姜尚中

 今あなたはどこにいるのでしょ…



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る