ニュース本文


 トランプ大統領がティラーソン国務長官を解任したことを受け、韓国政府は「(米側の)首脳をはじめ外交、国防当局など多方面との緊密な意思疎通」(外務省当局者)を維持しながら、南北、米朝の各首脳会談に向けた準備に影響が出ないよう万全を期す構えだ。

 康京和外相は15?17日に訪米し、ティラーソン氏と会談して各首脳会談に向け調整する予定だった。聯合ニュースによると、康氏は14日、記者団に「突然の変化」だと述べた。米朝間の調整に問題が生じないかとの質問には「なさそうだ」と答えた。

 康氏は後任のポンペオ中央情報局(CIA)長官について「新しい人物だが、緊密に仕事をしていくことができると思う」と強調。訪米日程については「米側の状況が変わったので(状況を)把握して調整しないといけない」と述べた。(共同)



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る