ニュース本文


警視庁=東京都千代田区
警視庁=東京都千代田区

住宅からクロスバイクを盗んだとして、警視庁捜査3課は窃盗の疑いで、いずれもベトナム国籍で住所、職業不詳、ブー・クアン・クエン容疑者(33)、ブイ・ズイ・コン容疑者(31)を逮捕した。

捜査3課によると、両容疑者は昨年10月ごろから、クロスバイクを盗む目的で十数回にわたって来日。東京都豊島区のベトナム系雑貨店を拠点に、豊島、北、文京各区で約70件、被害総額計約400万円分の盗難を繰り返していたとみられる。

盗んだ自転車は解体して帰国時に持ち帰り、インターネット上で転売していたといい、両容疑者は「スポーツタイプの自転車はベトナムでも人気があり、高く売れる」「日本にはいたるところに高級自転車があり、簡単に盗めた」と供述しているという。

逮捕容疑は7月2日午前4時ごろ、豊島区の男性会社員(34)方から「メリダ」製と「ビアンキ」製のクロスバイク2台(時価計約8万円)を盗んだとしている。

両容疑者は事件当日に帰国したが、6日に再来日。9日に自転車の保管場所にしていた豊島区内のアパートで捜査員が発見して確保した。



記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る