ニュース本文


 斎藤元彦・兵庫県知事のパワハラ疑惑などを指摘した文書を作成した、前県西播磨県民局長の男性職員(60)が死亡したことを受け、県職員労働組合(県職労)が事実上、知事の辞職を求める申し入れ書を提出した10日、記者会見で斎藤知事は辞職を否定し、続投の考えを示した。

記者会見で辞職を否定した斎藤元彦知事(兵庫県庁で)
記者会見で辞職を否定した斎藤元彦知事(兵庫県庁で)

 会見での主なやりとりは次の通り。

 ――県職労から申し入れがあった。

 「大変重く受け止めている。責任を果たすために、よりよい県政を進めていく。一気に状況が変わる妙案はない。私自身が生まれ変わって、職員との信頼関係を再構築したい」

 ――申し入れでは「業務遂行に大きな支障」とある。

 「現場において業務遂行に支障が生じているのであれば、大変申し訳ない。解決できるべく努力したい」

 ――職員が死亡したことの責任は。

 「改めてお悔やみを申し上げる。百条委へのプレッシャーがあったと推察している。心理的なケアの準備を進め、本人と日程調整を進めようとしていた矢先だったので大変残念だ」

 ――今の責任の取り方で県民の納得は得られるか。

 「県民に不安、心配をかけて申し訳ない。一つ一つ県政を前へ進めていくことによって、理解をしていただくように努力する」

関西発の最新ニュースと話題