ニュース本文


 13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3営業日続伸し、前日比39.18ドル高の2万4640.45ドルで取引を終えた。14日に1月の米消費者物価指数などの発表を控え様子見気分が強まり、もみ合う展開になった。

     今月の株価急落は、物価上昇懸念を背景とした金利上昇がきっかけだったため、市場では、米国の物価動向への関心が高かった。

     朝方は利益を確定させる売り注文が優勢となり、一時180ドル下げた。午後に入ると、世界経済や米企業業績の堅調さが意識されてプラスに転じ、上昇幅は一時104ドルに達した。(共同)



    記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る