ニュース本文


 大阪府教育庁は16日、府立高校の全日制135校のうち4割にあたる53校で頭髪や服装などに関する校則を見直し、4月から運用を始めたと発表した。

 生徒の生まれつきの髪の色を尊重して「茶髪は禁止」の項目を「染色・脱色は禁止」に変えるなどしたという。

 府立高の女子生徒が、生まれつき茶色い髪を黒染めするよう学校から強要され不登校になったとして、府に損害賠償を求めた訴訟をきっかけに、同庁が昨年12月、校則の点検と見直しを各校に指示した。

 発表によると、頭髪については、髪の色のほか、「パーマ禁止」を癖毛の生徒に配慮して「故意によるパーマ禁止」と改めた学校があった。

 服装や学校生活では、生徒の実情に合わせた変更が行われた。今ではあまり使われない「カチューシャ」についての項目や「げたでの通学禁止」の規定を削除したり、携帯電話を「持ち込み禁止」から「授業中の使用禁止」に変えたりしていた。

(ここまで390文字 / 残り207文字)


記事一覧 に戻る 最新ニュース読み比べ に戻る